PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!

 アズビルは2015年11月9日、アズビル香港公司による中国・深センでのセンサー類の生産を終了したと発表した。アズビルは、グローバル規模での最適な物流網の整備、地域特性に合わせて製品を供給できる生産体制の再編を進めている。今回、その一環として深セン地区での生産を終了した。

 深セン地区での生産が始まったのは2002年。アズビルグループの2つ目の海外生産拠点として、パートナー会社への生産委託の形で開始された。以来、温度調節計や光電センサー、近接センサー、空調用バルブ、温度・湿度センサーなどを生産してきた。今回の再編に伴い、それらの製品については、Azbil Production(Thailand)社とアズビル機器(大連)公司へ段階的に生産を移管・統合している(関連記事)。