PR
東芝が納入する重粒子線治療装置の完成予想図
東芝が納入する重粒子線治療装置の完成予想図
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝は2015年11月10日、次世代型の重粒子線がん治療装置について、山形大学と製造請負契約を結んだと発表した(プレスリリース)。放射線医学総合研究所と共同開発したもので、東芝が重粒子線治療装置を受注するのは神奈川県立がんセンターに続いて2例目。山形大学 医学部附属病院が2019年10月に治療を開始予定である。

 受注したシステムは、2つの治療室(固定ポート式および回転ガントリー式)を含む。回転ガントリーは360度からの照射が可能で、患者は楽な姿勢で安全に治療を受けられる。省エネルギーや省スペース、運転・管理の容易性などの点でも「世界最高性能かつ国際展開を視野に入れた装置」(東芝)だとしている。