PR

 千葉大学 大学院工学研究科の酒井正俊氏(電機電子系コース准教授)らは、電子デバイスなどを印刷プロセスで製造する際に、溶媒をなくす手法を開発した。2015年10月30日に科学技術振興機構(JST)が開催した新技術説明会で製造プロセスや関連の知的財産などについて述べた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料