PR
発売したシステムのプロセス図
発売したシステムのプロセス図
[画像のクリックで拡大表示]

 日立産業制御ソリューションズは2015年11月12日、医療事故の未然防止や再発防止を支援するインシデント・アクシデント分析支援システムを発売した(ニュースリリース)。今後2年以内に医療機関100カ所への導入を目指す。

 東京大学大学院 工学系研究科 特任教授の濱口哲也氏が提唱する「医療版失敗学」の原因分析手法を採用したという。医療機関で発生したヒヤリハットなどの事例の収集や原因分析、対策立案、フィードバックなどを支援する。

 ウェブシステムを採用し、院内のどこでも事故報告書の作成や閲覧ができるようにした。報告書の入力項目に選択制を導入し、報告書作成に要する負担を軽減。真の失敗原因にまで掘り下げた事例を収集することで、その分析や対策にかかる手間も軽減できるという。他病院を含む、過去の事例やヒヤリハットの対策成功事例を参照できる仕組みも備える。

 このほか、報告書を作成する過程で、医療従事者を失敗の真の原因究明に導く仕組みを導入。この過程を繰り返すだけで「自然とリスクを見抜く力が向上し、事故の未然防止につながる行動を主体的にとれるようになる」(日立産業制御ソリューションズ)。