PR
水嶋繁光氏 日経エレクトロニクスが撮影。
水嶋繁光氏 日経エレクトロニクスが撮影。
[画像のクリックで拡大表示]
図1●電子情報産業の世界生産額 JEITAのスライド。
図1●電子情報産業の世界生産額 JEITAのスライド。
[画像のクリックで拡大表示]
図2●日系企業の世界生産額 JEITAのスライド。
図2●日系企業の世界生産額 JEITAのスライド。
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 電子情報技術産業協会(JEITA)は、2015年12月16日に報道機関向け発表会を開き、「電子情報産業の世界生産見通し2015」を公表した(ニュースリリース)。登壇者はJEITA会長の水嶋繁光氏(シャープ 取締役会長)らである。

 JEITAは、電子情報産業における2015年の世界生産額を318兆1000億円(対前年13%増)と見込んだ(図1)。ただし、米ドルベースでは横ばいになるという。2016年は前年比3%増の327兆3000億円と予測した。この通りになれば、5年連続のプラス成長となる。

 日系企業(JEITA会員企業)の2015年の世界生産額は前年比7%増の42兆8000億円と見込んだ(図2)。2016年は同2%増の43兆5000億円と予測している。電子工業の国内生産額に関しては、2015年は前年比7%増の12兆6000億円を見込んだ(図3)。2016年は同3%増の12兆9000億円と予測している。

 日系企業の世界生産額(ITソリューションサービスを除く)と電子工業の国内生産額を比べると、国内生産比率は34.2%である(2015年、以下同)。電子機器は国内生産比率が低く21.9%。電子部品・デバイスは国内生産比率が49.1%で、ほぼ半分が国内で生産されている。