PR

 米Qualcomm社とフィンランドNokia社が設立メンバーとなり、無線LANが活用している非免許帯域(アンライセンスバンド)である5GHz帯を使ってLTE通信を行う仕様「MulteFire」の普及促進をする団体「MulteFire Alliance」を結成した。2015年12月16日に同団体が発表した。MulteFireの普及促進、ユースケースの探求、ビジネス機会の提供、MulteFireの技術仕様策定、認定プログラムの提供、MulteFireの仕様拡張の検討などを行っていく。同団体にはスウェーデンEricsson社、米Intel社もメンバーとして加わる。Ericsson社、Intel社とも、今後、Nokia社やQualcomm社とともに組織のボードメンバーになる予定である。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する