PR

 米Allegro MicroSystems社は、LDOレギュレーターを集積した3相MOSFETドライバー(駆動)IC「A4919」を発売した。3相ブラシレス直流(DC)モーターの駆動に向ける。3相分のハイサイドスイッチとローサイドスイッチすべてを駆動できる。すなわち、全部で6個のスイッチング素子の駆動が可能だ。駆動対象となるスイッチング素子は、いずれもnチャネル型パワーMOSFET。スイッチング素子は集積しておらず、外付けで用意する必要がある。LDOレギュレーターを集積したため、外付けのマイコンやセンサーに電力を供給できる。芝刈り機やガーデニング機器、電池駆動の電動工具、産業用グラインダー、持続陽圧呼吸器(CPAP:Continuous Positive Airway Pressure)、掃除機などに向ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料