PR

 独Infineon Technologies社は、飽和電圧(ドロップアウト電圧)が135mV(50mA出力時の標準値)と低いリニア方式のLEDドライバー(駆動)IC「BCR430U」を発売した。パワートランジスタ(パストランジスタ)は集積したため、外付けで用意する必要はない。ドロップアウト電圧を低く抑えたため、LEDドライバー回路全体の変換効率を高められるという。さらにLED素子の順方向電圧降下を含めた電圧のヘッドルーム(降圧分に対する予備値)を少なくすることが可能だ。建築用LED照明器具やLEDディスプレー、店舗用LED照明器具、緊急通報用LED照明器具などに向ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する