PR

 米Analog Devices社は、最大6.8GHzと高いRF信号出力に対応した周波数シンセサイザーIC「ADF4355」を発売した。分数分周(フラクショナルN)と整数分周(インテジャーN)に対応したPLL(Phase Locked Loop)回路や電圧制御発振器(VCO:Voltage Controlled Oscillator)などを集積した。RF信号出力の周波数範囲は54M〜6.8GHz。無線通信基地局や、ポイント・ツー・ポイントのマイクロ波通信機器、衛星通信/VSAT機器、テスト/計測器等に向ける。例えば、無線通信基地局に適用した場合、対応する周波数が高いため搬送波周波数とのマージン(余裕度)を大きく確保できることや、VCOの位相雑音が小さいことなどが理由で、スループットを高めたり、サービス範囲を広げたり、基地局当たりのユーザー数を増やしたりすることが可能になるという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)