PR

 ルネサス エレクトロニクスは、デジタル制御方式を採用した降圧型DC-DCコンバーターモジュールを2製品発売した。2製品いずれも、電源制御ICやパワーMOSFET、インダクター、受動部品を1パッケージに収めたものだ。1つは、30A×2チャネル出力の「ISL8274M」。パッケージは、外形寸法が18mm×23mm×7.5mmの58端子HDA(High Density Array)。もう1つは33A×1チャネル出力の「ZL9024M」。パッケージは、外形寸法が17mm×19mm×3.55mmの40端子HDAである。FPGAやDSP、ASIC、メモリーなどに低電圧大電流の電力を供給するPOL(Point Of Load)コンバーターに向ける。同社によると、「クラス最高の電力密度と変換効率が得られる」という。具体的な用途としては、サーバーやデータ通信機器、光通信機器、ストレージ機器などを挙げている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い