PR

 旭化成エレクトロニクスは、ガラス越しでも検出できる小型赤外線センサー「AK9752AE」を開発し、2017年4月に販売を始める。同社従来品では遮断していた5μm以下の波長も検出できるように改善することで、ガラス越しでの検出を可能にした。厚さが0.7mm以下のガラスであれば、1mの有効検出距離が得られる。パッケージは、外形寸法が2.2mm×2.2mm×0.6mmの6端子SON。同社によると「業界最小クラス」という。1mの検出距離まではレンズが不要なため、搭載機器の小型/薄型化に貢献できるほか、デザイン性を高めることが可能になるとする。宅内情報端末やスマートロック、IoT対応カメラ、家電製品、パソコンなどに向ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

『アカン!DX』

『アカン!DX』

日本企業と行政のDXの隠れた大問題を見える化!

DXブームは既に腐り始めている――。人気コラム「極言暴論」「極言正論」の筆者が、日本企業や行政のDXの問題点をずばり指摘する。経営者から技術者までDXに取り組むすべての人の必読書!

書籍『アカン!DX』の詳細はこちら

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中