PR
出力電流/電圧可変のZVS方式PFC制御IC
出力電流/電圧可変のZVS方式PFC制御IC
[画像のクリックで拡大表示]

 リコー電子デバイスは、出力電流と出力電圧を任意に設定できる力率改善(PFC:Power Factor Collection)制御IC「R1700Vシリーズ」を発売した(ニュースリリース)。共振回路を使うゼロ電圧スイッチング(ZVS)方式を採用した。同社は「エッジ共振ゼロボルトスイッチング」方式と呼ぶ。反転昇降圧型や昇圧型、降圧型のPFC回路やDC-DCコンバーター回路を構成できる。さらに、外部からPWM信号を入力することで、出力電流と出力電流を任意に設定できるため、電圧可変型のPFC回路や、電流可変型PFC機能付きLEDドライバー回路などを構成できる。

 ハイサイドスイッチとローサイドスイッチを外付けして使用する。すなわち同期整流方式に対応する。同社によると、「出力電流/電圧可変と、ZVS方式、同期整流方式を同時にサポートしたPFC制御ICの製品化は業界初」という。LED照明用のPFC回路や、リニアLEDドライバーIC(例えば同社の「R1580N」)と組み合わせたフリッカーフリーのLED照明用電源回路、モータードライバー用PFC回路、低出力電圧が求められるPFC回路、DC-DCコンバーター回路などに向ける。

 +8〜650Vの入力電圧に対応したDC-DCコンバーター(レギュレーター)制御回路やハーフブリッジ対応のゲートドライバー回路などを1チップに集積した。外部からPWM信号を入力することで、PWM調光を実現できる。調光範囲は5〜100%である。ZVS方式を採用しているため、スイッチング周波数を高く設定できる。このため外付けのインダクターに小型品が使えるようになり、電源回路の小型/薄型化が可能になるという。

 過電流保護機能やサーマルシャットダウン機能、低電圧誤動作防止機能。過電圧誤動作防止機能、出力の過電圧保護機能などを備える。パッケージは外形寸法が5.4mm×6.7mm×1.45mmの16端子SSOP。動作温度範囲は−40〜+85℃。 すでに量産出荷を始めている。量産規模は月50万個。500個購入時のサンプル品の参考単価は500円である。