PR

 スイスu-blox社は、誤差が数cm程度と小さい高精度な測位に対応したGNSS(Global Navigation Satellite System)レシーバーモジュール「NEO-M8P」を発売した。固定(ベース)局向けの「NEO-M8P-2」と、移動局(ローバー)向けの「NEO-M8P-0」を用意した。固定局と移動局間で通信して、測位情報を補正する「GNSS RTK(Real Time Kinematics)」技術を適用することで、高精度測位を可能にした。GNSSレシーバーを単独で使用する場合は数mの誤差が発生していたという。外形寸法は、固定局/移動局向けとも12.2mm×16mm×2.4mmと小さい。同社によると、「GNSS RTK対応モジュールでは業界最小」という。無人車両やロボット・ガイダンス・システムなどに向ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する