PR

 東芝は、同社従来品(「TC35667FTG」)に比べて消費電流を約46%削減したBluetooth Smart対応機器向けICを3製品発売した。通信動作時(電源電圧は+3V)のピーク消費電流は3.6mAと少ない。同社従来品でも採用していた高効率のDC-DCコンバーター回路を集積したほか、同社独自の回路技術を適用することで、さらなる低消費電流化を実現したという。「Bluetooth Low Energy Ver.4.1」仕様に準拠する。コイン電池で動作する小型機器に向ける。具体的なアプリケーションとしては、ヘルスケア用途に向けたウエアラブル端末や、センサー機器、リモコン、電子玩具などを挙げている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い

登録会員(無料)が読めるお薦め記事


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)