PR
USB Type-Cに対応した昇降圧型電池充電制御IC
USB Type-Cに対応した昇降圧型電池充電制御IC
[画像のクリックで拡大表示]

 米Texas Instruments社は、1〜4セルの電池を直列に接続した電池パックに向けた昇降圧型充電制御IC「bq25703A/bq25700A」を発売した(ニュースリリース)。複数のタイプの電池を充電できる。具体的には、Liイオン2次電池や、Liポリマー2次電池、LiFePO4(リン酸鉄リチウム)系Liイオン2次電池、Li3O4P(リン酸リチウム)系Liイオン2次電池、Pb蓄電池、Ni水素2次電池、Ni-Cd2次電池、電気2重層コンデンサーに対応する。最大充電電圧は19.2Vで、最小充電電圧は1.024V。電源入力範囲は+3.5〜24Vで、USB Type-Cのほか、USB3.0やUSB2.0に対応した入力ポートが使える。「USB Power Delivery」規格に準拠する。ノートパソコンやタブレットパソコン、パワーバンク、ドローン、スマートホーム対応機器、Bluetoothスピーカー、IPカメラ、産業用/医療用電子機器などに向ける。

 4個のスイッチング素子で構成するスイッチング方式の昇降圧型DC-DCコンバーターを利用した充電回路を構成できる。4個のスイッチング素子のほか、インダクターなどを外付けで用意する必要がある。米Intel社が提唱する高効率な充電技術「NVDC(Narrow VDC)」に対応する。bq25703Aとbq25700Aの違いは、対応する外部インターフェースにある。bq25703AはI2Cに、bq25700AはSMBusに対応する。2製品いずれも、出力電力を最大化する最大電力点追従技術を投入した。さらに「ICO(入力電流最適化)」と呼ぶ機能を搭載した。この機能を使うことで、入力電力の最大値を自動的に検出して、充電電流の最適化や、入力電力の最大限の利用が可能になるとしている。充電電圧の誤差は±0.5%。入力/充電電流の誤差は±2%。入力/充電電流の監視時の誤差は±2%。電力の監視時の誤差は±5%である。スイッチング周波数は800kHz、もしくは1.2MHzに設定できる。外付けのインダクターには、1μ〜2.2μHの低背品が使える。

 USB-OTG(On The Go)に対応する。過電圧保護機能や、低電圧保護機能、サーマルシャットダウン機能などを備える。パッケージは、実装面積が4mm×4mmの32端子WQFN。動作温度範囲は−40〜+85℃。1000個購入時の米国での参考単価は2.20米ドルからである。評価モジュール「bq25703A EVM/ bq25700A EVM」を用意している。米国での参考単価は149米ドルである。