PR

 トレックス・セミコンダクターは、車載用半導体ICの品質規格である「AEC-Q100グレード3」に準拠した車載機器向け電圧検出器IC「XD6121/XD6122/XD6123/XD6124シリーズ」を発売した。ウォッチドッグ機能や、そのオン/オフ機能、遅延回路などを内蔵した。同社によると、「車載機器では、マイコンに内蔵されている電圧検出機能やウォッチドッグ機能を使わず、冗長性を確保するためにIC単体を採用することが多い」という。このため今回のICのように、遅延回路を内蔵すれば、遅延時間設定用の外付け部品が不要になるため、実装面積の削減と消費電力の低減を実現できるとする。さらにウォッチドッグのオン/オフ機能を搭載したため、電圧検出機能を維持したまま、ウォッチドッグ機能だけをオフできるため、さらなる低消費電力化が図れる。カーナビやカーオーディオ、車載用ECUなどに向ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い

登録会員(無料)が読めるお薦め記事


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)