PR

 伊仏合弁STMicroelectronics社は、端子間距離が4.25mmと広い+1500V耐圧のパワーMOSFET「STFH12N150K5」を発売した。TO-220 FullPAK(TO-220FP)パッケージに封止した。従来品の端子間距離は2.54mmだった。これを4.25mに広げた。今回の製品では、ゴミやホコリなどが原因で発生するアーク放電を防止するために行う、端子間を樹脂で埋めるポッティングや、リードフォーミング、絶縁間をかぶせるスリービングなどのプロセスが不要になる。電源メーカーは、安全規格に準拠しやすくなると同時に、フィールドでの故障発生を最小限に抑えられる。液晶テレビやパソコンなどに搭載するスイッチング電源に向ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い

登録会員(無料)が読めるお薦め記事


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)