PR
コレクター電流が40Aの1200V耐圧IGBT
コレクター電流が40Aの1200V耐圧IGBT
[画像のクリックで拡大表示]

 米Alpha and Omega Semiconductor社は、最大コレクター電流が40Aの1200V耐圧IGBT「AOK40B120H1」を発売した(ニュースリリース)。同社のIGBT技術「AlphaIGBT」で製造した。特徴は、高速なターンオフ特性(EOFF)と低いコレクター-エミッター間飽和電圧(VCE(SAT))にあるという。EOFFは1.24mJ(標準値)。VCE(SAT)は1.8V(標準値)である。溶接機や、無停電電源装置(UPS)用インバーター、太陽光発電用インバーター、高周波インバーターなどに向ける。

 ソフトリカバリー特性を備える高速動作のフリーホイールダイオードを搭載した。入力容量は3910pF(標準値)。出力容量は230pF(標準値)。帰還容量は100pF(標準値)。全ゲート容量は128nC(標準値)。ゲート抵抗は14Ω(標準値)。ターンオン時の遅延時間は73ns(標準値)、立ち上がり時間は60ns(標準値)。ターンオフ時の遅延時間は230ns(標準値)、立ち下がり時間は32ns(標準値)。ターンオン時のエネルギー(EON)は2.45mJ(標準値)。トータルのスイッチングエネルギーは3.69mJ(標準値)である。パッケージはTO-247。すでに量産出荷を始めている。1万個購入時の米国での参考単価は3.00米ドルである。