PR

 東芝デバイス&ストレージは、低電圧ロックアウト(UVLO)機能を搭載したフォトカプラー「TLP2735」を発売した。MOSFETを駆動するゲート信号の絶縁に向ける。UVLO機能を搭載したため、電源ラインなどに発生する雑音の影響を受けにくい。このため、主電源投入時の誤動作を防止できるという。入出力間の絶縁耐圧は5kVRMS(最小値)を確保した。安全規格「IEC60747-5-5」をクリアできる。デジタル制御方式を採用したスイッチング電源や、インテリジェント・パワー・モジュール(IPM)で駆動するFA機器などに向ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い