PR

 東芝デバイス&ストレージは、最大出力電流が300mAの小型LDOレギュレーターIC「TCR3UGシリーズ」を発売した。パッケージは、外形寸法が0.645mm×0.645mm×0.33mmのWCSP4Fである。特徴は、トレードオフの関係にあるリップル電圧除去比と負荷過渡応答特性の両方を同時に改善した点にある。リップル電圧除去比は70dB(+0.8V出力時の標準値)に高め、負荷過渡応答特性は、出力電流が1mAから50mAに変化した際に60mV(標準値)に抑えた。IoTモジュールや、ウエアラブル端末、スマートフォンなどに向ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い