PR

 米Texas Instruments(TI)社は、医療用超音波診断装置に向けた16チャネルのアナログフロントエンド(AFE)IC「AFE5816/AFE5818ファミリー」を発売した。同社によると、「16チャネルのAFE回路を集積したICの製品化は業界初」という。16チャネルの同時サンプリングが可能である。消費電力は低い。チャネル当たりの消費電力は、AFE5816ファミリーが52mW、AFE5818ファミリーが94mWである。「競合他社品に比べると33%少ない」(同社)という。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料