PR

 新日本無線は、動作電圧範囲が−40〜+125℃と広い最大+36V動作のオペアンプIC「NJM8020/NJM8021」を発売した。シングル(1回路入り)品である。単電源駆動時の電源電圧範囲は+3〜36V、二電源駆動時は±1.5〜±18 Vである。入力オフセット電圧が2mV(最大値)と低く、消費電力が0.7mA(最大値)と少ないことも特徴の1つという。NJM8020とNJM8021の違いは端子配置にある。パッケージは2製品いずれもSOT-23-5とSC-88Aである。ただしNJM8021のみ実装面積が1.6mm×1.6mmと小さいESON6-G1も用意した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料