PR

 独Infineon Technologies社は、+600V耐圧のスーパージャンクション(SJ)型パワーMOSFETの新製品「600V CoolMOS CFD7」を発売した。同社従来品「600V CoolMOS CFD2」の後継品である。前世代品や競合他社品と比較すると、変換効率を最大で1.45%高められるという。さらに全ゲート電荷量を削減できるとともに、ターンオン特性も改善できるとしている。共振回路方式を採用したスイッチング電源に向ける。具体的なアプリケーションとしては、サーバーや通信機器、電気自動車(EV)向け充電器などを挙げている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料