PR
−40〜105℃対応の車載向け小型GNSSモジュール
−40〜105℃対応の車載向け小型GNSSモジュール
[画像のクリックで拡大表示]

 スイスu-blox社は、動作温度範囲を−40〜+105℃に拡張した車載機器向けGNSSモジュール「MAX-M8Q-01A」を開発し、2017年12月半ばにサンプル出荷を開始する(ニュースリリース)。外形寸法は9.7mm×10.1mm×2.5mmと小さい。同社によると、「車載機器向けGNSSモジュールでは業界最小」という。GNSS受信ICのほか、温度補償回路付き水晶発振器(TCXO)やROMなどをLTCC(Low Temperature Co-fired Ceramics)モジュールに搭載したものだ。カーナビゲーション装置などに向ける。

 米国の「GPS/QZSS」やロシアの「GLONASS」、欧州の「Galileo」、中国の「BeiDou」に対応する。ビルの谷間といった環境でも、高い位置検出精度が得られるとしている。外部インターフェースとして、UARTとI2C準拠のDDCを備える。車載機器向けに製品品質を高める「ゼロppmプログラム」に対応しているほか、完全なるトレーサビリティーを実現しているという。ジャミングやスプーフィングを検出する機能を搭載した。電源電圧は+2.7〜3.6Vである。価格は明らかにしていない。