PR

 米Integrated Device Technology(IDT)社は、測定誤差が±1.5%(標準値)と小さい相対湿度センサーIC「HS3001」を発売した。HS3001は、同社の「HS300xファミリー」に含まれる製品である。HS300xファミリーではこのほか、測定誤差が±1.8%(標準値)の「HS3002」と、±2.8%(標準値)の「HS3003」、±3.8%(標準値)の「HS3004」を用意した。4製品いずれも、MEMS技術で製造した湿度センサーのほか、最大14ビット分解能のA-D変換器や温度センサー、I2Cインターフェース回路などを搭載した。消費電流は8ビット分解能での測定時に1.5μA(標準値)と少ない。医療用酸素の蒸気量測定や、冷蔵庫などの白物家電の湿度測定、工業用プロセス機器での湿度モニタリング、冷暖房機器(HVAC)、測候所、携帯型ヘルスケア機器などに向ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する