PR

 米Vishay Intertechnology社は、オン抵抗が0.37Ωと低いアナログスイッチIC「DGQ2788A」を発売した。車載半導体ICの品質規格である「AEC-Q100グレード1」に準拠する。デュアルのDPDT(Dual Pole Dual Throw)スイッチ、もしくはクアッドのSPDT(Single Pole Dual Throw)スイッチとして利用できる。アナログ信号の通過帯域幅(−3dB)は338MHzと広い。さらに寄生容量は、スイッチオン時に26pF、スイッチオフ時に14.5pFと小さいため、高い信号品質(シグナルインテグリティー)を確保できるという。テレマティックス機器やインフォテインメント機器、ADAS(Advanced Driver Assistance System)機器、エンジン制御ユニット、トラクション/スタビリティー制御モジュール、パワーウィンドウなどに向ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料
トヨタの燃料電池車を徹底分解、見えた電動化の課題とは
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中