オーストリアams社は、人間の健康に悪影響を及ぼす可能性がある青色光の測定などに向けた色センサーIC「AS7264N」を発売した。「CIE 1931」規格準拠のXYZ色度図に対応した赤色光(R)と緑色光(G)、青色光(B)の測定に向けたフォトダイオードと赤外光測定用フォトダイオードに加えて、波長が440nmと490nmの青色光を検出するフォトダイオードを搭載した。同社によると、「青色光は、1日の生活リズムの混乱や、眼の老化の加速、眼の過度な緊張といった健康被害につながる可能性が指摘されている」という。発売したICを使って青色光を測定して適切な対応策を打てば、こうした健康被害を最小限に抑えられるようになるとしている。環境光の測定や、電子シャッター、生物学における光測定、色管理(カラーマッチング)、高精度な色調整などに向ける。具体的な用途としては、人に優しい照明器具(HCL:Human Centric Lighting)やスマートビルディング用制御機器などを挙げている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックのお薦め

さよならオフィス

さよならオフィス

オフィス不要論はウソ?ホント? 新型コロナで働く場所はどう変わる?

 誰も出社しないオフィスなんて、必要なのか。新型コロナで働き方が一変し、「オフィス不要論」も飛び出した。ジョブ型雇用って何? オフィスの価値って何? 10の疑問を徹底取材し、働き方ニューノーマルを解き明かす。

『さよならオフィス』の詳細はこちら

10/12~23開催「日経クロステック EXPO 2020」事前登録開始!

10/12~23開催「日経クロステック EXPO 2020」事前登録開始!

社会、産業、生活の"ニューノーマル”に迫る

「日経クロステック EXPO 2020」はオンライン開催。ウィズコロナ時代のデジタル変革、働き方・組織のニューノーマルといった観点を中心に、様々な講演、ソリューション紹介を展開します。人工知能、5G/IoT、ブロックチェーンといった技術キーワード、テーマについても、例年以上にパワーアップしたコンテンツをお届けいたします。

事前登録はこちら