PR
「南相馬小高太陽光発電所」 
「南相馬小高太陽光発電所」 
 (出所:シャープ)
[画像のクリックで拡大表示]

 シャープと芙蓉総合リースは、12月28日に福島県と栃木県でメガソーラー(大規模太陽光発電所)の商業運転を開始したと発表した。両社の共同出資する合同会社クリスタル・クリア・ソーラーが事業会社となる。

 福島県南相馬市小高区に設置した「南相馬小高太陽光発電所」と、栃木県塩谷郡塩谷町に建設した「シャープ塩谷第二太陽光発電所」となる。両サイトとも、シャープが合同会社から、開発から設計・施工、運転保守・管理まで委託され、運営を担う。

 「南相馬小高太陽光発電所」は、個人所有のゴルフ場跡地を活用した。太陽光パネルの設置容量は約2.7MWで、年間予測発電量・約291万kWh。一般的な家庭の年間消費電力量に置き換えると約808世帯分に相当する。シャープ製の単結晶シリコン型パネル(255W/枚)を1万776枚設置した。パワーコンディショナー(PCS)は東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製(665kW機・2台、660kW機・1台)を採用した。

 「シャープ塩谷第二太陽光発電所」は、塩谷町の所有する採石場跡地を活用した。太陽光パネルの設置容量は約1.6MWで、年間予測発電量は約171万kWhとなる。一般家庭の年間消費電力量に置き換えると約475世帯分に相当する。シャープ製の多結晶シリコン型パネル(255W/枚)を6456枚設置し、架台もシャープ製を採用した。PCSはTMEIC製(665kW機・2台)を導入した。