産業用ドローンの開発などを手掛けるドローンベンチャーの自律制御システム研究所(ACSL)は、未来創生ファンドなど合計5者から第三者割当増資で21.2億円を調達すると2018年1月9日に発表した。未来創生ファンドが5億円を出資するほか、シンガポールのベンチャーキャピタルのiGlobe Partners、みずほキャピタル、東京大学エッジキャピタル(UTEC)、コロプラ元副社長の千葉功太郎氏らがそれぞれ運営するファンドが出資する。今回の増資で、海外進出を見据えた技術開発を加速させる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い