PR

富士通は、仮想ネットワークから従来比で約7倍となる10Gビット/秒(bps)の速さで通信データを欠損なく収集する技術を開発した。併せて、仮想・物理ネットワークを含む大規模かつ広範囲なネットワークの通信データを分析可能にするため、仮想・物理ネットワーク双方から合計100Gbpsまでの通信データを欠損なく汎用PCサーバー上に蓄積する技術を開発した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い