PR

椿本チエインは、高速・高頻度での運転と低床化を実現したジャッキ「リニスピードジャッキ」を発売する。ねじ軸とウォームギアを組み合わせたタイプで、荷重保持力が高い。新製品の運転速度は最高で200mm/秒。同120mm/秒の従来製品よりも高速の領域で使える。IT関連の製造装置や自動車製造ラインなどでジャッキに対する高速・高頻度運転のニーズが高まっており、それに対応した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い