PR

工作機械とロボット業界が活況に沸いている。工作機械では業界団体や業界紙が2018年の受注総額を1兆7000億円と予想。2年連続で過去最高を更新するとした。日本ロボット工業会も2018年に受注総額が初の1兆円超えするとの予測を公表した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料