PR

 近畿日本鉄道(近鉄)は、大阪難波と近鉄名古屋間を運行する特急列車に「新型名阪特急」を新造する(ニュースリリース:PDF)。日本初という全席バックシェルを備えており、6両8編成と8両3編成の合計72両を製造する。投資額は約184億円。

新型名阪特急の車両イメージ
新型名阪特急の車両イメージ
(出所:近鉄)
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料