三菱地所と綜合警備保障(ALSOK)、機械学習や深層学習技術を手がけるPKSHA Technologyの3社は、カメラの映像をAI(人工知能)で解析して「困っている人」の動きを検知する「新たなおもてなしサービス」の実証実験を行う。期間は2018年1月22日から1月31日まで。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い