PR

 ファナックとシスコシステムズは2016年1月21日、産業用ロボットの稼働率を高めるためのソリューションで協業することを明らかにした(シスコシステムズのニュースリリース)。ファナックがシスコシステムズのネットワーク機器やシステムを使い、ファナック製ロボットのユーザーにソリューションを提供する。2016年夏から秋ごろの提供開始を目指す。

ファナックが提供するソリューションの概要
ファナックが提供するソリューションの概要
[画像のクリックで拡大表示]

 このソリューションでは、工場で稼働しているロボットに何らかの不具合が発生する前に、稼働データの分析結果に基づいて不具合の種類や発生時期を予知する。それによって、事前に部品交換などの適切な対応を取れるようになるため、ダウンタイム(稼働していない時間)やコストを削減できる。実際、ある自動車メーカーの試算によれば、想定外のダウンタイムで1分当たり平均200万円の損失が生じているという。

ファナック専務取締役ロボット事業本部長の稲葉清典氏
ファナック専務取締役ロボット事業本部長の稲葉清典氏
[画像のクリックで拡大表示]

 ファナック専務取締役ロボット事業本部長の稲葉清典氏によれば、実際に不具合が発生してから原因を究明する従来の手法では、ダウンタイムの削減に限界があった。事前に予知することで、最終的には「ダウンタイムをほぼゼロにすることを目指す」(同氏)。そのため、同社は「ゼロダウンタイム(ZDT)ソリューション」と呼んでいる。仮に不具合が発生したとしても、稼働データを分析することによって不具合の原因を素早く究明できるので、その場合もダウンタイムを最小限に抑えられる。