日新電機・前橋製作所に導入したSPSS-Fの構成概要
日新電機・前橋製作所に導入したSPSS-Fの構成概要
(出所:日新電機)
[画像のクリックで拡大表示]

 日新電機は、太陽光など分散電源などを統合制御する工場向けの電力供給システムを1月から本格的に販売すると発表した。製品名は、「工場向け大規模電力需要家向けスマート電力供給システム(SPSS-F)」で、2016年度に20億円の売り上げを目指す。

 全体システムの構成例は、受変電設備に加え、太陽光発電システム、自家発電機(コージェネレーションシステム)、蓄電池、センサー類などをエネルギー管理システム(EMS)で最適に制御する。センサーは、電力機器の劣化状態を監視する部分放電検出装置などが考えられる。気象情報や過去の負荷需要を用いて太陽光発電量と電力負荷を予測することで、発電機や蓄電池の最適運用を目指す。

 導入効果として、(1)エネルギーコストの最小化、(2)CO2排出量の削減、(3)系統停電時の操業継続の実現、(4)安心・安全を提供するメンテナンス機器の導入――という4つを挙げている。

 同社では、前橋製作所にSPSS-Fを導入し、2014年3月から検証してきた(上図)。その結果、エネルギーコストは2012年度比 26%削減(エネルギー料金として約4100万円)、CO2排出量は2012年度比8.5%削減(375t-CO2/年)などの効果を確認したという。