ファンド運営のイメージ 
ファンド運営のイメージ 
 (出所:三菱総合研究所)
[画像のクリックで拡大表示]

 三菱総合研究所(東京都千代田区)は1月19日、三菱UFJモルガン・スタンレー証券とメガソーラー(大規模太陽光発電所)事業のファンド設立に向け合意書を締結したと発表した。ファンド設立により、着工前や建設中(プライマリー)、さらに運開後(セカンダリー)のメガソーラー事業を取得し、健全に運営する枠組みを提案する。

 三菱総合研究所グループは、熊本県や兵庫県でメガソーラー事業に参画している。この経験をファンドの運営に生かす。メガソーラーサイトの選定と評価、事業譲渡・承継などに関する各種手続きを支援したり、メガソーラー事業を健全に運営するためのアセットマネジメント(AM)業務を担ったりするという。同社のネットワークを生かし、技術面のノウハウを有する電力系関連会社などとも協働していくという。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、これまでの各種ファンド組成の経験を生かし、投資家の募集業務やファンド組成業務を担う。メガソーラー事業という社会インフラの金融商品化を通じ、PRI(責任投資原則)に基づくESG(環境、社会、企業統治)の視点から新たな投資機会を創出する。リスク分散と長期安定運用という目的から、年金基金を含めた機関投資家のインフラ投資へのニーズに応えるという。

 2012年7月に開始された固定価格買取制度(FIT)により国内の再生可能エネルギーは年率33%もの急拡大を遂げている一方、広大な用地を必要とするメガソーラー事業の適切な開発や健全な運営が大きな課題になっているという。ファンド設立により、技術面、資金面などの事情で開発が停滞しているサイトの適切な開発を進めるとともに、オーナー側の問題で事業継続が難しくなったり、技術面での課題を抱えるメガソーラーサイトの価値を最大限に高め、発電事業の健全な運営を実現するという。