PR

ジャパンディスプレイ(JDI)は、透明な「静電容量式ガラス指紋センサ」を開発し、センサー分野に参入することを発表した。。低温ポリシリコン液晶ディスプレーの開発で培った経験とノウハウを活かした製品で、2018年度中の量産開始を予定している。JDIは、透明なガラス指紋センサーによってデバイス(機器)への搭載の自由度を上げ、バックライトやディスプレーなどと組み合わせた新たな用途を見込む。また、シリコン製が主流となっているパソコンやスマートフォン向け指紋センサーの置き換えも狙う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料