PR

昭和電工は、パワー半導体の材料である炭化ケイ素(SiC)エピタキシャルウエハーの高品質グレード品「ハイグレードエピ(HGE)」の生産能力を追加増強する。2018年4月に新ラインの稼働開始により3000枚/月から5000枚/月まで生産能力を引き上げることを決定していたが、年央には新設備もフル生産となる見込みから追加投資を決定した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い