PR

 IDC Japanは2017年1月24日、世界ロボティクス関連市場は急成長が続いており、2016年の支出額915億ドルから2020年には1880億ドルと2倍以上に拡大するとの調査結果を発表した(ニュースリリース)。一般的な産業用途でロボットが普及するスピードが速く、同社が注目する有力ロボティクス関連企業の中には、この2~3年で年間平均成長率が自動車業界の2倍を超える企業もあるという。

2016年の世界ロボティクス関連市場のユースケース別支出額構成比
2016年の世界ロボティクス関連市場のユースケース別支出額構成比
(図:IDC Japanのプレスリリースより)

 2016年の同市場は、組立製造が31%、プロセス製造が28%と、製造業が半分を占める。この状況は2020年まで続き、両産業分野の支出額は、2020年には約1100億ドルに達すると予測する。続いて、2016年にロボティクス関連支出が多かった産業分野は、資源(80億ドル)、消費者(65億ドル)、医療(45億ドル)の3分野で、各分野の相対的な順位は2020年まで変わらないと見られる。また、2015~2020年で最も高い成長率が見込まれるのは、消費者、医療、小売の3分野という。

 テクノロジー別では、ロボットシステム(コンシューマーロボット、産業用ロボット、サービスロボットを含む)やアフターマーケットのロボットハードウエアに対する支出額は2016年で400億ドル以上、サービス関連支出額(アプリケーション管理、教育&トレーニング、ハードウェア導入、システムインテグレーション、コンサルティングを含む)は同200億ドル以上という。急成長セグメントは、ドローンおよびアフターマーケットで、2020年には200億ドル近くに達すると予測する。