PR

 富士通研究所は、無線LANサービスエリアでの通信速度を向上させるLTEと無線LANの接続制御技術を開発した(ニュースリリース)。従来の技術に比べて、通信速度を平均で約2倍に向上できることを確認したという。

LTEと無線LANで通信品質が良い方に自動切り替えする
LTEと無線LANで通信品質が良い方に自動切り替えする
[画像のクリックで拡大表示]

 無線LANサービスエリアにおいて、動画視聴などの高負荷な通信をする端末が集中すると、各端末の通信速度は低下してしまう。各端末が自律的に無線LANではなくLTEで接続を変更する技術や、無線LANに接続可能なユーザー数を制限する技術など、混雑を回避するための技術はいくつか実用化されているものの、状況によってはかえって通信速度が低下してしまうことがある。

 今回の技術は、端末にインストールした専用アプリケーションの情報をもとに、複数端末の接続を同時に変更した場合の通信速度を予測し、無線LANサービスエリアにある複数端末の通信経路を自動設定する。具体的には、制御端末にインストールした専用アプリが、現在の通信速度と無線品質情報を収集し、制御サーバー上の接続制御機能に通知する。接続制御機能は、無線品質情報から利用可能な無線リソースが十分にある場合の通信速度を計算し、実際の通信速度と比較して利用可能な無線リソース量を推定する。これにより、その状況に応じた接続制御を行う。