PR
図 ロバート・ウォルターズ・ジャパン社長のDavid Swan氏
図 ロバート・ウォルターズ・ジャパン社長のDavid Swan氏
[画像のクリックで拡大表示]

 人材供給大手の英Robert Walters社の日本法人であるロバート・ウォルターズ・ジャパンは2016年1月28日、日本を含む世界24カ国の雇用動向と職種・業種別の給与水準をまとめた「グローバル給与調査2016」を発表した。これによると、2015年における日本の製造業では、これまでも人材不足が続いていた技術者の確保が一段と困難になったという。2016年もこの傾向は続く見込み。

 ロバート・ウォルターズ・ジャパン社長のDavid Swan氏は「日本市場の自動車やエネルギー、インフラなどの産業セクターでは特に、技術系の人材や品質管理の専門家、会計士、人事担当者などに需要がある」と分析する(図)。営業やサプライチェーンの担当者も不足しているという。

 日本の製造業では2016年も人材不足が続き、企業は活発な採用活動によって人材確保を進める見通しである。求人数が人材プールをしのぐ速さで増加しているため需要に供給が追いつかず、給与水準を押し上げる要因になる。「製造業の人材では、転職によって最大20%の昇給が可能」(同社のSwan氏)という。

 製造業の中で、特に採用活動が活発なのが自動車市場(関連記事)。自動運転車やコネクテッドカー(つながるクルマ)の開発が加速しており、自動車メーカーや部品メーカーから「家電や通信業界の経験を持つ技術者への需要が一段と高まっている」(同社)。こうした電気・電子系のスキルを備える技術者を求める傾向は、自動運転車やコネクテッドカーの市場導入に合わせて、2016年以降に一段と加速する見通しである。