出力約21MWで、大和ハウス工業グループとして最大規模に
出力約21MWで、大和ハウス工業グループとして最大規模に
甲子園球場の約9倍の広さの土地に、8万4000枚の太陽光パネルを並べた(出所:大和リース)
[画像のクリックで拡大表示]

 大和ハウス工業の子会社である大和リース(大阪市)は1月26日、和歌山市に開発していた、出力約21MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「DREAM Solar和歌山市」が完成したと発表した。大和ハウス工業グループとして最大規模のメガソーラーとなる。

 和歌山市の加太地域(和歌山市深山)にある、関西国際空港土砂採取事業跡地に立地する。土地は和歌山市が所有し、2013年10月に同市と事業協定書を締結して開発した。2014年4月に着工、2月2日に売電を開始する。

 甲子園球場の約9倍の面積となる約35万7745m2の土地に、8万4000枚の太陽光パネルを並べた。

 年間発電量は、一般家庭の約4980世帯の消費電力に相当する、約2357万8000kWhを見込んでいる。発電電力は、全量を関西電力に売電する。買取価格は36円/kWh(税抜き)で、年間売電額は約8億4800万円(同)を見込んでいる。

 初期投資額は約65億円とし、維持運営費は20年間で約55億円を予定している。

 設計・施工は大和ハウス工業、維持・管理は大和ハウス工業グループのマンション管理会社である、大和ライフネクスト(東京都港区)が担当している。

 太陽光パネルは東芝製(出力250W/枚)、パワーコンディショナー(PCS)は東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用した。

 今回のDREAM Solar和歌山市では、売電額の3%が和歌山市内の公園・緑地整備や地球温暖化対策などに関連した公共施設の整備に活用される。また、メガソーラー内に見学スペースを設け、表示パネルで発電量を「見える化」するなど、小中学生向けの環境学習などに活用できるようにした。

 大和リースは現在、国内の34カ所・合計出力約46.73MWの再生可能エネルギー発電所を運用している。