PR

 東芝は、2017年3月31日をメドに、同社の社内カンパニーであるストレージ&デバイスソリューション社のメモリー事業を会社分割により分社化する方針を決定した。外部資本の導入を視野に入れており、現在さまざまなスキームを検討している。分社化対象は、メモリーおよび関連製品の開発・製造・販売を予定する。SSD(solid state drive)事業を含み、イメージセンサー事業は除く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割開始】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料