PR

 東陽テクニカは、工場設備の状態監視や予知保全を目的として機器の振動を測定する米PCB社製の低電圧駆動型加速度計「603M113」「607M83」を発売した。直流電圧3〜12Vと低電圧で駆動するので、従来の圧電型加速度計で必要だったアンプ内蔵型シグナルコンディショナーやチャージアンプは不要。このため、安価にシステムを構築できるという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料