PR

 東芝メディカルシステムズは2017年1月30日、キヤノンによる子会社化に伴う新社名(商号)を「キヤノンメディカルシステムズ株式会社」(英文名:Canon Medical Systems Corporation)とすることを内定した(ニュースリリース)。薬機法など各国の変更手続きが完了する2018年初頭をメドに変更する。

 東芝メディカルは2016年3月に東芝グループを離脱。同年12月にキヤノングループの一員となったことを受けて社名を変更する(関連記事1同2)。今後はキヤノングループとして、キヤノンが重要領域と位置付けるヘルスケア事業の強化を図る。

 東芝メディカルは1930年に東京電気(現在の東芝)の資本で創業。X線診断装置やX線CT装置、MRIや超音波診断装置など、画像診断装置を主力とする。画像診断装置の国内シェアでは首位という。