「イスラム型金融」も組み合わせ資金調達

 砂漠の太陽光発電所、世界最安レベルの発電コスト、独立系発電事業者(IPP)モデルに基づくプロジェクトとして単一サイトでは世界最大、とMBRにはさまざまな特徴がある。資金調達も独特である。

 マスダール社によると、MBRフェーズ3の資金は、カナダなど欧米や国際的な金融機関による従来型と、地元の金融機関による「イスラム型」を組み合わせた調達手法で賄っているという。

 イスラム社会の金融機関では利子の取得が禁止で、欧米の資本主義経済では一般的なヘッジファンドや先物取引も認められていない。

 このため、MBRでもそういった基準に基づいたイスラム型資金調達を、一般的な資金調達に組み合わせているとみられる。資金調達関連では、2017年6月に契約の締結が完了している。