PR
研究の概要
研究の概要
[画像のクリックで拡大表示]
個人差の解析例のグラフ
個人差の解析例のグラフ
[画像のクリックで拡大表示]
乳幼児栄養調査と今回の研究の比較
乳幼児栄養調査と今回の研究の比較
[画像のクリックで拡大表示]

 アプリ事業やデータ解析事業を手掛けるファーストアセントは2017年1月31日、子どもの成長や生活習慣の実態解析を目指した研究を、国立成育医療研究センター研究所と共同で開始すると発表した。ファーストアセントの育児記録アプリ「パパっと育児@赤ちゃん手帳」で取得したデータを活用する。これまでほとんど知られてこなかった子どもの成長、発達、 生活習慣の多様性やそのダイナミックな変化を調査する「世界的に前例ない研究」(ファーストアセント)という。

 子どもの健康状態を正しく把握するうえでは、多様性(個人差)を含めてその生活実態を知ることが重要になる。ところが子どもの生活実態については、経験的に知られていることはあっても、その詳しい実態は知られていない。

 今回の共同研究では「パパっと育児」が保有する17万人以上、1億件以上のビッグデータを解析。子どもの成長や発達、生活習慣の個人差、経時的変化、睡眠時間と身長の関係など各因子の相関関係を明らかにする。

 「パパっと育児」はデータがリアルタイムに記録されるため、「乳幼児栄養調査」のような回答者の記憶に頼るアンケート調査と比べて、データの信頼性が高いという。調査対象数が年代ごとに数百人に限られる従来の調査手法に比べてデータ量も多く、経時的な解析ができるというメリットもある。

 ファーストアセントはこれまでに、「パパっと育児」で登録データを機械学習させ、子どもごとの空腹やおむつ交換のタイミングを予測して通知する「育児サポート機能」を提供している。今回の共同研究で得られた知見は、育児サポート機能の拡充にもつなげる考え。

■変更履歴
記事初出時、最終段落で「パっと育児」としていた箇所は正しくは「パパっと育児」です。お詫びして訂正します。