PR
睡眠改善ソリューションのイメージ
睡眠改善ソリューションのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニック ソリューションテクノロジーとニューロスペースは2017年2月1日、健康経営支援を目的とした睡眠改善ソリューションの共同開発を開始したと発表した(プレスリリース)。パナソニックが持つセンサーインテグレーションやビッグデータ分析、教育ICTの技術と、ニューロスペースの睡眠改善プログラム「Sommnie(ソムニエ)」を融合する。

 Sommnieは、ニューロスペースが筑波大学および都内医療機関と連携して開発した、法人向けの睡眠改善プログラム。ニューロスペースが持つ最先端の睡眠科学技術や、人間の睡眠状態を収集した“睡眠ビッグデータ”を活用したものという。吉野家ホールディングスやディー・エヌ・エー(DeNA)など多くの企業に採用され、従業員の睡眠改善に寄与してきたとする。

 新たに開発するソリューションでは、最先端の睡眠科学技術と睡眠ビッグデータに基づく睡眠改善の実践的アドバイスを、ICTやIoTを活用してより多くの企業の従業員に届けられるようにする。一過性の改善効果だけでなく、継続・反復する仕組みで定着につなげるという。

 まずは2017年4月に、ニューロスペースの睡眠改善プログラムに基づくeラーニングコンテンツを商品化する予定。さらにはパナソニックが、着衣型生体センサーで取得したデータとニューロスペースの脳波センサーで取得した睡眠情報を使い、一人ひとりに合った睡眠改善指導を行うコンサルティングサービスなどを展開していく。