ーソルは、コニカミノルタのカセッテ型デジタルX線撮影装置「AeroDR fine」に、イーソルのマルチコプロセッサー対応TRONベースリアルタイムOS「eT-Kernel MCE(Multi-Core Edition)」などが採用されたことを発表した。採用された製品によって装置の低消費電力化が実現され、可搬性を重視したケーブルレス構造のAeroDR fineの長時間運用に貢献できたという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料